札幌市がパートナー認定を延期

4月1日から運用を開始する予定だった札幌市のパートナー認定について、
札幌市の秋元市長が延期を記者会見で表明した。
「制度を周知する期間が必要で具体的な期間は検討中だがあまり間を空けることなく制度をスタートできればと思っている」と発言。

周知期間については、未定。

政令市初のパートナーシップを認める予定だった札幌市。懸念の声を受け、若干の仕切り直しになった模様。

NHKニュース

LGBTカップル認定で周知必要

カテゴリー: 自治体 | 札幌市がパートナー認定を延期 はコメントを受け付けていません。

同性パートナーへの遺族給付金の支給を申請

東京新聞が報じた記事を紹介します。

同性愛男性、遺族給付を申請 パートナー殺され
「夫婦同然だった」
2017年1月24日 夕刊

写真

 名古屋市で二〇一四年に同性愛のパートナーを殺害されたとして、被害者と同居していた清掃作業員の男性(41)=同市=が、犯罪被害者遺族を対象とした国の給付金の支給を愛知県公安委員会に申請したことが分かった。男性の弁護団によると、同性愛者が配偶者として遺族給付金の申請をしたのは全国初とみられる。 (杉藤貴浩)

 

カテゴリー: 法律 | 同性パートナーへの遺族給付金の支給を申請 はコメントを受け付けていません。

自治体職員の同性パートナーに慶弔休暇を認めている自治体

世田谷区(2016.4)結婚祝い金、弔慰金(2016.10月以降)

那覇市(2016.4)結婚祝い金(初婚や再婚を問わず厚生会会員期間中に1回限り)

千葉市(2017.1)「結婚」休暇、介護休暇

豊島区(2017.5以降)結婚祝い金、病気見舞金

渋谷区 詳細不明 調査中

職員互助組合、厚生会などの規則変更により実施できる。

カテゴリー: LGBT最新情報, 職場, 自治体 | 自治体職員の同性パートナーに慶弔休暇を認めている自治体 はコメントを受け付けていません。

性的少数者、生きづらさ鮮明 72%「差別発言聞いた」

朝日新聞より

性的少数者、生きづらさ鮮明 72%「差別発言聞いた」

「職場や学校で性的少数者について差別的発言を聞いたことがある」という人は72%に達した。10代が77%▽20代が75%▽30代が70%▽40代が69%▽50代以上が64%で、若い世代ほど差別的発言にさらされていた。

親にカミングアウトしている人は22%にとどまる。カミングアウトは、しなければならないものではない。ただ、日高氏の過去の調査と比較可能な同性愛と両性愛の男性に絞って、親にカミングアウトしている10代の割合の推移をみると、1999年が9%→2005年が11%→14年が19%。この20年近くで2倍以上になった。

カテゴリー: INFORMATION, メンタルヘルス | 性的少数者、生きづらさ鮮明 72%「差別発言聞いた」 はコメントを受け付けていません。

ビジネスガイド3月号に執筆

 

日本法令より出版されているビジネスガイド3月号に「企業のためのLGBT対応」と題して、執筆しました。

http://www.horei.co.jp/bg/backnumber/2017/2903.html

カテゴリー: INFORMATION, メディア掲載、執筆, 職場 | ビジネスガイド3月号に執筆 はコメントを受け付けていません。

龍谷大学文学部人権問題研修会で講師

3月1日、龍谷大学文学部人権問題研修会で講師をつとめてきました。

文学部の教員の方々に、大学において多様な性の学生に接するときの注意点、体制整備についてお話をさせて頂きました。

あわせて、2月27日に完成した「龍谷大学におけるセクシュアルマイノリティの現状とニーズに関するアンケート報告書」についても話をさせて頂きました。

昨年の龍谷大学の人権冊子「白色白光」で性の多様性についての対談を経て、宗教部主催の講演会で講師をつとめました。話を聞いて終わりではなく、実態把握のアンケートと意欲的な取り組みが続いています。

カテゴリー: INFORMATION, 未分類 | 龍谷大学文学部人権問題研修会で講師 はコメントを受け付けていません。

読売オンラインのコラムで実績をご紹介頂きました。

永易至文さんのコラム「虹色百話~性的マイノリティーへの招待」

第72話 公営住宅と同性パートナーシップ保証を探ってみた

こちらの記事で尾辻かな子の実績をご紹介頂きました。

「また、06年には大阪府が、公営住宅法の適用のない府の公社住宅について、URと同様のハウスシェアリング制度を導入しました(のちにレズビアンをカミングアウトした、尾辻かな子・大阪府議(当時)の質問に応えて)。」

ちなみに私のカミングアウトは2005年なので、この質問当時はカミングアウト済みの時期にあたります。

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170215-OYTET50056/?catname=column_nijiirohyakuwa#csidxaca8a7484df1392b09f6d579786c2dd

カテゴリー: INFORMATION, LGBT最新情報, メディア掲載、執筆, 法律 | 読売オンラインのコラムで実績をご紹介頂きました。 はコメントを受け付けていません。

国際ボランティア学会で研究発表

甲南女子大学で行われている第18回国際ボランティア学会で、研究発表を行いました。

カテゴリー: INFORMATION, LGBT最新情報 | 国際ボランティア学会で研究発表 はコメントを受け付けていません。

絵本「くまのトーマスはおんなのこ」 ご恵贈頂きました。

くまのトーマス

ポット出版のLGBT絵本シリーズの最新作。

トランスジェンダーが主人公の絵本です。

子どもたちがいろいろなロールモデルに触れることができる絵本は、とても貴重です。

ご恵贈ありがとうございました。

あらすじ

女の子になりたいとずっと悩んでいたテディベアのトーマス。
それを打ち明けたら、大好きなエロールはもう友だちじゃなくなってしまうだろうか…。
本当の自分を打ち明ける勇気を持ったテディベアと、
そしてそれを知らされた親友のエロールの返事は……。

「大事なのはきみがぼくの友だちだってことさ」

ジェンダーと友情についてのやさしいお話。

作者のジェシカ・ウォルトンの父は男性から女性に性別移行したトランスジェンダーだった。ジェシカは、自分の息子エロールに読んで聞かせるトランスジェンダーをテーマにした絵本を作りたいと思ったことがきっかけで、自分でこの絵本を制作した。

本文は、すべてひらがなとカタカナ。幼い読者がひとりでも読める絵本です。

カテゴリー: INFORMATION, LGBT最新情報 | 絵本「くまのトーマスはおんなのこ」 ご恵贈頂きました。 はコメントを受け付けていません。

絵本「タンタンタンゴはパパふたり」6刷に。

タンゴ

前田和男さんとの共訳絵本、「タンタンタンゴはパパふたり」が増刷され、6刷となりました。多くの方に手に取って頂いて、本当にうれしいです。ありがとうございます。絵本は息が長いというのは本当ですね。

6刷 出来予定日:2017-01-20
5刷 出来予定日:2016-04-18
4刷 出来予定日:2015-10-09
3刷 出来予定日:2014-07-08
2刷 出来予定日:2009-05-22

書店発売日 2008年4月15日

本の詳細検索

カテゴリー: INFORMATION, メディア掲載、執筆 | 絵本「タンタンタンゴはパパふたり」6刷に。 はコメントを受け付けていません。